こんにちは、ワンボーです。

今回は、犬を飼う時に必要になる費用についてお伝えしていきます。

「犬が可愛くて欲しい」と思った方はたくさんいると思いますが、いぬ嫌いでなければ、皆さんそう思うはずですね。

しかし、可愛いだけで犬を飼うことには注意が必要です。
下記の記事でもお伝えしていますが、

犬の飼い方で初心者が知っておくべき重要なこと

犬の世話が想像以上に大変なことや色んな制約を受けてしまうことなど、生活が大きく変化してしまうケースが多く見受けられます。

今回の犬を飼う費用もその一つで、飼って初めてこんなに費用がかかることを知る飼い主さんも多いので、しっかりと費用についても理解して飼うことを決めましょう。

費用は、犬を飼う最初だけ発生する費用と毎月・毎年かかる費用とに分けられるので、順追ってお伝えしていきます。

最初にかかる費用

犬を購入する時にかかる費用をお伝えします。
犬の大きさによって若干費用が上下しますが、大方の目安ということでご理解ください。

 

内訳 費用(円) 備考
犬の購入代 80,000~200,000 それぞれで異なる
畜犬登録 3,000 市町村で異なる
狂犬病予防接種 3,500 年1回
健康診断 3,000 1回分
混合ワクチン接種 16,000(2回分) 1年目は2~3回接種
各種用具(ハウス、トイレ、首輪など) 40,000 大型犬になるほど高めになる
合計 145,500 犬の購入代8万円の場合

 

なかなかの出費ですね。
初めて犬を飼われる方は犬の購入費用しか想定されない方が多いので、健康診断や混合ワクチンなどの接種を行わない飼い主も多くいるようです。

犬の購入費用しか予算がない場合は、購入を見送るか予算内で購入できる犬を探すということを行いましょう。

無理をして購入したとしても、ストレスのない犬との生活はおくれません。

毎年かかる費用

次に、毎月、毎年かかる費用を見ていきましょう。
犬を購入する時だけでなく、毎月かかる費用を想定しておくことも重要です。

毎月の費用が生活に負担をかけるようなことがないことを確認できて初めて犬との楽しい生活が迎えられるので、しっかりと確認しておきましょう。

日常生活費

内訳 費用 備考
食事 36,000円~72,000円 小型犬3,000円/月、大型犬6,000円/月
おやつ 12,000円~24,000円 小型犬1,000円/月、大型犬2,000円/月
ペットシーツ代 15,000円 子犬は頻繁に排泄をするので、成犬よりシーツ代が必要
おもちゃ 30,000円 かじって遊ぶおもちゃやボールなど
消耗品(シャンプー、消臭剤など) 5,000円

 

医療費

内訳 費用 備考
狂犬病予防接種 3,500円 年1回
混合ワクチン接種 8,000円 年1回
フィラリア予防薬 10,000~13,000円 体重で異なる
ノミ・ダニの予防 12,000~15,000円 体重で異なる
健康診断 4,000円 年1回

 

都度必要な費用

内訳 費用(円) 備考
不妊手術費 オス:30,000円、メス:50000円 オスメスとも病院によって価格が異なる
トリミング 5,000円~10,000円 1回辺り
病気ケガの治療費 病気・ケガの状態で異なる  人間より高い場合が多い
家の修繕費 犬のイタズラによって家具や服など

 

犬を飼うにあたって出費は避けられませんね。
ただ、購入代金だけではないということを自覚して犬との楽しい生活を送るようにしましょう。

かかる費用はしっかりと把握できたよ。
という方は、次は犬のしつけですね。

子犬のときからしつけがしっかりできているとかなり楽しい犬との生活がおくれます。
しかし、しつけに失敗したり諦めたりした飼い犬であった場合は、あなたと愛犬との生活に何らかのストレスが発生するので、しつけは大事なことです。

しつけの方法をなんとなくしかわかっていないという方は、すごく注意が必要ですよ。
私はしつけできるなんて思っていたら痛い目にあうので、もし1mmでも不安があるなら、しほ先生の「イヌバーシティ」をオススメします。

私もこの「イヌバーシティ」に出会ってしつけの大事さを初めて理解し、愛犬とのハッピーな生活を取り戻すことができました。

ぜひ、一度手にとって見てください。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
愛犬との幸せな人生を歩んでください。